結婚相談所のお見合いで成功する会話の秘訣6ポイント

結婚相談所に入会したら、写真撮影などを行ってプロフィールを登録した後に、お相手からのオファーなどでお見合いを行います。そこで成功すると、次の段階としてお付き合いに入ります。

お見合いは、相手との交際に進展するための大事な場面ですので、結婚相談所リボンマリアージュ青山でも、特に力を入れているところです。

お見合いでの成功を目指して取り組んでいくためには、まず成功の秘訣と失敗のNGポイントを知ることが大事です。

前回のブログ記事では、お見合いでやってはいけない「結婚相談所のお見合いで失敗する7つのNGポイント」こちらをご紹介しました。

今回は、逆にお相手の方にお見合いの場面でどうしたら、好感度を持っていただけるか、成功の秘訣を皆さんと考えてみたいと思います。

結婚相談所におけるお見合いは、友人や、知人から紹介を受けて会う場面とは異なります。

リボンマリアージュ青山を始めとした結婚相談所のお見合いルールをしっかり守ることで幸せな将来の第一歩が踏み出せます。

お見合い成功の秘訣は、言い換えるとお見合いのルールです。

ルールを守ることで、相手に好印象を抱いていただきやすくなるのです。

では、成功の秘訣6ポイントをご紹介いたします。

成功の秘訣その1「どんなお相手に対しても誠実な態度で接しましょう」

誰に対しても誠実な態度で接することは、社会人としてあたり前のことですね。

それは、お見合いでは特に大事になります。そのため、お見合い成功の秘訣の1番目になります。

誠実な態度で最も大事にしたいことは、「時間を守ること」です。

それぞれの会員はお互い初めて会うわけですから、緊張と不安な気持であることは言うまでもありません。

不慣れな待ち合わせ場所に時間通りに到着して、お相手の方を探すことになります。

そんなシチュエーションでお相手の方が遅刻をして来たら、ご自身は更に不安感が増してしまいます。

このお見合いは最初の時点で信用をなくしてしまいます。最初が肝心ですから、お見合いの開始時間の15分前には、待ち合わせ場所に到着しておきましょう。

結婚相談所のお見合い場所は、ホテルのラウンジカフェなどがよく利用されます。

早めの到着でお互い気持をリラックスさせることが出来ます。

また、ホテルのラウンジカフェが混んでいることもあるので、早めに来て席を取っておくことは、相手に対して誠実な態度だと思います。

貴重な時間を大切にいたしましょう。

成功の秘訣その2「いつでもお相手を楽しませることを心がけましょう」

結婚相談所でのお見合いの場合、会員同士は事前にお互いのプロフィールを確認します。

その上で好みの方にお申込みをして、お互いに合意した場合にお見合いのステージに進みます。

事前にお相手のプロフィールに記載されています「結婚感」「趣味」や「お相手に希望する条件」は必ず頭に入れておきましょう。

そして、自己PR、お相手の結婚相談所のカウンセラーから見た客観的なPRもチェックしておくことが大事です。

リボンマリアージュ青山の会員様の中で、お見合いから交際に進むケースは、共通の趣味で盛り上がることです。

趣味の話でお相手を楽しませることが出来たら、初対面でも直ぐに打ち解けますね。

成功の秘訣3「お相手の欠点ではなく、良いところを見ましょう」

成功の秘訣は、相手の気分を良くしてあげることです。その秘訣として、「良いところを見る」ということです。

また、見るだけでなく、お相手を褒めることで、お相手の別の良さが自然とみえてきますし、お相手もみるみる笑顔になっていきます。

しかし、良いところを初対面で見つけるのは難儀ですね。

異性に慣れていない人であれば、なおさらです。

でもタネ明かししますと、相手の良いところを発見することは、意外に簡単なことなのです。

例えば、女性から男性に対してであれば、「とても笑顔が素敵ですね!」と、先にお席を取っていただいていた場合にさり気なくお礼を言うことで、男性は心のなかでガッツポーズになります。

ただ、気をつけなければならないのは、取ってつけたような葉の浮く言い回しは避けましょう。

あくまで、さり気ない一言がお見合いの場面が明るくなります。

成功の秘訣4「お相手のお話を遮るのではなく、最後まで聴くことを心がけましう」

結婚相談所におけるお見合いの所要時間は、おおよそ1時間を目処に行われるのが通常です。

たまにお話が盛り上がり、1時間を超えてしまうことがありますが、お相手のその後の予定を考慮しなければなりません。

また、お見合いに慣れていない人は、1時間でヘトヘトになることもあります。

そのようなことで、1時間のお見合いの貴重な時間をお互い共有して、理解しなければなりません。

相手を理解するためには、相手に自分のことを気持ちよく話していただくことです。

そうすると、相手は「話し上手な人だ」と思ってもらえるのです。

中には「自分のことを知ってもらいたい」ということで、相手の話を遮ってでも話し続ける人がいます。

そのようなことでは、相手から良い印象を得られません。

お相手のお話を遮ることなく尊重し傾聴力を活かしてから、自分の話題に転換していくことが大事になります。

男性、女性の区別なくお喋りに関して得手不得手がありますが、適度な長さのお話の間というのを習得していくことも大事です。

「耳は2つ、口は1つ」です。

成功の秘訣5「緊張しないで笑顔を忘れないで楽しみましょう」

男女ともお相手から受ける印象で、笑顔に勝るものはありません。

初めてのお見合いであれば、どなたもなおさら緊張して笑顔どころではないかもしれません。

自分ではお相手に対して笑顔を振りまいているつもりでも、客観的に見て足りていないのが現状です。

一つの例をご紹介します。

リボンマリアージュ青山を成婚退会された方で、当時なかなかお見合いが成立しないで困っていた女性会員がいました。

とてもチャーミングで聡明な方でしたが、どうしてもお見合いの際、表情が固くなってしまうのが難点でした。

そこで代表と副代表の大塚両名が、表情を和らげ笑顔でお見合いに臨める秘訣、即ち口角を上げるアドバイスを行いました。

もちろん、アドバイスしたその場で、口角を上げて笑顔をつくる練習をしたのです。

一言で口角を上げるのが大事と言うと「何だそんなことか!」とお思いの方が多いと思いますが、実際にやってみるとなかなか難しいのがお分かり頂けます。

先ずは、割り箸を使って真一門に口の奥の方に咥えてみて下さい。

そして、暫くのそのままの状態を保ちます。

その方は、結婚アドバイザーと2人3脚で、割り箸を使っての練習を何度も繰り返して、やっと口角の上げ方が上手になってきました。

最後に、実際に副代表の大塚が男性役となって模擬お見合いを行い、口角を上げ笑顔で接する事が出来る様になりました。

その方は、表情に笑顔を取り入れることによって、お見合いの成立率が格段に上がり、無事素晴らしい男性と成婚退会されました。

笑顔は良好なコミュニケーションの基本です。「たかが笑顔されど笑顔」このことをお忘れなく、お見合いやデートに活かしてみてはいかがでしょうか。

成功の秘訣6「共感と関心の姿勢の気持をお互い持ちましょう」

最後の成功の秘訣は、「共感と関心の姿勢の気持ちを持つこと」です。

具体的にお相手の方に共感し、とても関心があることを感じてもらうノウハウをご紹介いたします。

それは「さ」「し」「す」「せ」「そ」の活用です。

これは、お見合いだけでなく、ビジネスの場面でも活用できますので、是非覚えて下さい。

  • 「さ」は「流石ですね」「最高ですね」
  • 「し」は「信じられません」「知らなかったです」
  • 「す」は「素晴らしいですね」「素敵ですね」
  • 「せ」は「センスが良いですね」
  • 「そ」は「そうなんですね」

これは、コミュニケーションスキルの「相槌(あいづち)」の一種です。

様々な会話の場面で緊張を解したり、スムースなコミュニケーションを保ち、進めていくことが大事だと思います。

「さ・し・す・せ・そ」の法則を上手に使って会話を気持ちよく進めていきましょう。

とくに結婚相談所でのお見合いの場面では、なれない場所、決められた時間内、お相手のお話の内容の理解やご自身のPRをしなければなりません。

企業への就職の面談ではありませんので、お互いの良い点を引き出し、楽しんでお見合いに臨んで下さい。

結婚相談所のお見合い成功の秘訣6ポイントをご紹介いたしましたが、ご自身でいくつできているのかチェックできたでしょうか。

これらのことは、必須とも言えるものです。

「結婚相談所のお見合いで失敗する7つのNGポイント」の内容と併せて、せひ身に着けていただいて、お見合いに臨んでいただき、幸せな結婚をつかんでいただきたいと思います。

もし、今ご登録されている結婚相談所で「お見合いで成功できない」「お見合いから次の段階に進まない」という方は、リボンマリアージュ青山にご相談ください。

結婚相談所リボンマリアージュ青山は今まで会員様のお見合いでの成功、失敗の数々を分析し、より良いお見合いの進め方を皆様に提供してまいりたいと思います。

自分を変えて、幸せな結婚の夢をつかみたいと思われた方は、お気軽にリボンマリアージュ青山までお問合せ下さい。

結婚の無料相談は、男性はこちらのページから、女性はこちらのページからご連絡ください。

hoteruraunnji .jpeg
イメージになります。de-to .jpeg