お見合い成功のコツは「ラポールの手法」で距離を縮めること

前回に引き続き今回は、心理学の手法で婚活を成功させる秘訣をお届けいたします。

メラビアンの法則から学ぶお見合い成功のコツ」と題して、第一印象が大事であることを述べました。

今回は、相手との距離感を縮めるコミュニケーション手法についてです。

ラポールの手法とは?

皆様は「ラポールの手法」という言葉を聞いたことがありますか?

ビジネスでは言うまでもなく婚活でも、上手にコミュニケーションを取っていくかは悩ましい課題ですね。

ラポール(Rapport)とは、話し手と、聴き手の間に築かれる信頼関係のことです。

「橋を架ける」という意味のフランス語が語源だそうです。

ラポールが築けている状態とは、お互いの心に橋がかかっているかの如く、信頼関係が保たれている状態のことを言います。

元々は心理学の分野で、カウンセリング時のカウンセラーと患者との関係性を示す心理学用語でした。

現在は、カウンセリングにとどまらず、ビジネスや日常生活、そして「婚活」の分野でもラポールの手法が広く用いられるようになりました。

コーチングを勉強したことのある人であれば、ご存じの方が多いことでしょう。

はじめに、ビジネスの世界での「ラポール」の活用について簡単に触れておきたいと思います。

ビジネスにおいては信頼感が得られることが大事

相手とラポールが形成されると、安心感や信頼感が得られ、お互いに円滑なコミュニケーションが図れることになります。

お互いに信頼感が築かれますと、余計な警戒感や駆け引きが無くなり、生産的な会話が出来るようになり、ビジネスが前に進みます。

更に、信頼感の形成によって相手に対して説得力が増し、積極的に話を聞こうとする前向きな気持になります。

また、提案や助言を受入れやすくなります。

最終的に、取引先との信頼関係の構築により商品の受発注のリピートやサービスの向上、成約率の向上や売上アップに繋がります。

さて、本題の婚活に「ラポール」を活かす方法について考えてみましょう。

ビジネス会話とお見合いの場面のお相手との会話の中身や進め方は違います。

1時間のお見合いでお互い信頼関係を築き、「橋をかけること」が出来ればその結果は、80%は成功と言えるのではないでしょうか。

「婚活での大事なラポール手法の2つのポイント」

ラポールを築くための手法は、次の2つのことをします。

  • ・お相手のお話に傾聴すること
  • ・お互いの共通点を見つけようと努力すること

傾聴することは、お相手のことを肯定することに繋がり、共感的理解を示すコミュニケーション技法になります。

ただ聴くのではなく、目、耳、心を傾け真摯にお相手に向かい合う姿勢を持つことが大事になります。

興味のある話であれば、身体を傾け聴くことが多いと思います。

相手から、そのように聴いてもらえたら、「私の話しに興味を持ってもらえた」と思い、嬉しくなるものです。

そうすると、「理解されている満足感」「共感されているという幸福感」が得られます。

短時間のお見合いでお互いの共通点を見つけるのに、必要なことは事前のプロフィールの確認であることはご案内済ですね。

改めて、お見合い相手の出身地、学校(公開の場合)趣味、家族構成、仕事、などはしっかりチェックしておきましょう。

お浚いになりますが、自分と同じ経験や感覚を持っているお相手には、直ぐに親近感を感じることが出来ます。

婚活でのラポール形成に必要な4つの心理学手法

婚活でのラポール形成に必要な心理学手法は、次の4つです。

  1. 1.ペーシング
  2. 2.ミラーリング
  3. 3.キャリブレーション
  4. 4.バックトラッキング

1.ペーシング

ペーシングとは、お相手のペースに自分の話し方、呼吸のリズム、話すスピードなどを合わせるようにすることです。

自分の話す速度よりも、相手がゆっくり話したら、自分がバカにされているように聞こえますよね。

また、相手の話す速度が早いと、せっかちな感じがします。

お互いのペースが合っていると、相手は心地よく話すことができます。

相槌や頷きの頻度、瞬きや声の大きさやトーン、待ち合わせ場所からお席までの歩くスピードや歩幅などを合わせることが出来れば、ペーシングは完璧です。

ペーシングをすると、「私はあなたに似ていますよ」と感じさせたり、感じたりすればお互いの距離は急速に縮まります。

2,ミラーリング

ミラーリングとは、言葉通りになります。お相手の姿勢や仕草などの視覚動作を、鏡に映っているように真似ることです。

相手に少し遅れて同じ動作をすることで、共通点があることを感じさせ、警戒感を取り払い、安心感を持ってもらうことが出来ます。

お相手が飲み物を飲む、足を組む、顔に手を添える、髪を触るなどの動作をしたら、真似てみて下さい。

ミラーリングは、やり過ぎてしまうと、お相手に不快な思いをさせてしまいますから、さり気なく気付かれない程度で行ってください。

3,キャリブレーション

キャリブレーションとは、お相手の非言語な情報から、感情を読み取りることです。

非言語な情報とは、表情とか姿勢、声のトーンが代表的になります。

お相手の言葉だけでなくその他の雰囲気やその他の情報を分析して、お相手の心理状態を理解するという少し難しいテクニックになります。

4,バックトラッキング

バックトラッキングの直訳は、「相手の話を繰り返すこと」になります。

中々お相手との話が盛り上がらなかったり、お喋りが苦手な方におすすめです。

例えば、相手が「この前〇〇の番組観たんですよ」と話されたら、相手の言葉を繰り返して「〇〇の番組観たんですね!!」という具合に、自然とお相手の話のペースと内容を繰り返すと共感を得られます。

また、ペーシングと組み合わせて同じ声のトーンで返事をすることで、自分のことが理解されていることに安心感が持てます。

以上、お見合いで相手との距離感を縮められ、お見合いの成功につながりやすい「ラポールの手法」についてご案内しました。ラポールの手法全てをすぐにマスターすることは、中々難しいと思います。

お相手の方がどの様に接してくれるか、どんなお話の展開になるかは、お見合いに臨んでみないと分かりませんね。

お見合いはお気に入りの素敵な方との大切な時間を共有し、次の交際、真剣交際、そして結婚への第一歩です

根底に持つべきマインドは、相手の良さを知ろうとする気持ちや、相手に快適に過ごしていただけるように考える思いやりだと思います。

その気持ちの上に、前回の「メラビアンの法則」や今回の「ラポールの手法」が機能することは、述べるまでもありません。

このことを頭の片隅において頂き、皆様が成婚へ少しでも近づけば幸いです。

結婚の無料相談は、男性はこちらのページから、女性はこちらのページからご連絡ください。

raporuburogu.jpg