メラビアンの法則から学ぶお見合い成功のコツ

何度かお見合いでの第一印象が大事であることをご紹介してきました。

第一印象が大事であることは、心理学でも言われていることです。

メラビアンの法則

心理学の用語で「メラビアンの法則」という言葉をご存知でしょうか。

心理学を学んだ方なら誰しもご存じの方が多いと思います。

アメリカのUCLAの心理学者アルバート・メラビアンが1971年に提唱した概念になります。

彼は、人が相手に与える印象や影響を、どんな要素が判断しているかを研究しました。

見た目、話し方、話の内容などの要素を分析実験して、数値化しました。その結果が次の3点になります。

  • 視覚情報=55%
  • 聴覚情報=38%
  • 言語情報=7%

この結果を「メラビアンの法則」と呼ばれています。

視覚情報とは、見た目のことです。

聴覚情報とは、聞こえてくる音のことです。

言語情報とは、会話の内容のことです。

結婚相談所の会員様の多くは、お見合いでは「何を話すのか、会話が弾むかどうかが大事だ」と考える方がいますが、人の見かけがいかに大事かということが理解できます。

ちょっと驚きの結果だと思いますが、この法則は、ビジネスの営業や就活などの場面で常識的に用いられています。

婚活での成功は服装や髪型の視覚情報が最も大事

婚活でも当然お見合いを行う場面は、お相手からどう見られているかが一番気になります。

男女のどちらにも言えることですが、清潔感や好感度を感じさせる髪型や服装は、大変重要な要素であることを覚えておきましょう。

半数以上の人たちが見た目でお相手の印象を判断してしまうわけですから、髪型や洋服だけでなく笑顔いっぱいの表情もお忘れなく。

お見合いでの会話で成功しやすい声のトーンとは?

次に、お相手の印象の決め手が聴覚情報からという方が38%になっているのも興味深いと思います。

お見合いの際のお相手の声のトーンや言葉のペースが大切であることがわかります。

声のトーンが低く、ボソボソと自信なさげな感じは、お相手から評価されない可能性が高いですね。

明るく元気な声のトーンがお相手から好印象を得る秘訣になります。

ただ、大きな声を出せば良いということではなく、相手にとって心地の良いトーンで、ハキハキと自分の言いたい気持を表す事が大事になります。

言葉を話すペースも大事です。

言葉を話すペースが遅いと、相手は「自分をバカにしているのか」と感じてしまう人がいます。

また、ペースが速すぎたら、言葉の内容を解釈するのに脳がフル回転して、会話をしていて疲れてしまいます。

適切なペースは、相手が話すペースに合わせてあげることです。

お見合いでの会話の内容は?

驚きの研究結果は、言語情報が7%だったことです。

お見合いでのお相手との会話における内容は、印象の決め手にあまりなっていないということです。

即ち、髪型や服装、表情や仕草などといった「見た目の情報」で、お相手の印象の大部分が判断されてしまいます。

自分では素晴らしい内容の話をしているつもりでも、第一印象で拒否感が出てしまったり声のトーンが悪かったりして、自分の良さが中々お相手に伝わっていないということがあります。

逆に、大した内容でないのに説得力のある方がいます。

それは、見た目が爽やかで清潔感があり、髪型や洋服が常識的に流行を捉えていることからなのではないでしょうか。

心理学のメラビアンの法則から、お見合いでの好感度を高めるポイントを述べてきました。

メラビアンの法則はお見合いだけでなく、恋愛やビジネスのシーンでも同じことですので、ぜひ覚えておいてください。

結婚相談所リボンマリアージュ青山には、他の結婚相談所では珍しい、会員様の第一印象の好感度を高めるサービスを提供しています。

そのサービスの詳細は、お見合いの第一印象を良くするカラー・イメージコンサルティングをご覧ください。

ご自身では中々気づかない客観性のある外見のより良い印象作りを、リボンマリアージュ青山で行いおしゃれを楽しむ秋から冬に向けた婚活に活かしてみてはいかがでしょうか。

次回は、同じく心理学の分野から、「ラポールの手法」でお互いの距離を縮める手法をご紹介したいと思います。

初対面のお見合いの相手から信頼されるように、心と心を繋ぐ架け橋をどのように架けるのか、当社のノウハウを交えてご説明いたします。

ご結婚をお考えで結婚相談所をお探しの方は、婚活のサポートを全力で行いますリボンマリアージュ青山にお気軽にお問合せ下さい。

結婚の無料相談は、男性はこちらのページから、女性はこちらのページからご連絡ください。

merabiann.jpeg
merabiann2.gif