結婚相談所で結婚しやすい女性の職業とは?ランキング上位は士業

日本で最も人数の多い年齢層のことを、「団塊の世代」と言われています。

団塊の世代の皆様は、270万人ほど生まれたのですが、すでに70歳台になっています。

男性を中心に死亡による人口減少が起きています。

その団塊の世代の子どもが、1971年から1974年にたくさん生まれました。

その世代のことを「団塊ジュニア世代」と言います。

団塊ジュニアの皆様は、2020年には46歳から49歳に至っています。

これは当然の結果ですね。

人口のバランスを見てみますと、40代以上:30代以下の割合が「6:4」になっていますので、ライフデザインの様々な普通の価値観が、どうしても中高年の意見に偏る傾向になっています。


IBJ発表の成婚白書の調査データを見ると、意外な結果に!?

近年、教育水準や法律改正が頻繁に行われ、IT技術が進化しグローバルな価値観が当たり前になりました。

中高年と若者の間にライフデザインに大きなズレが生じています。

結婚相談所リボンマリアージュ青山が加盟しています株式会社IBJは、「成婚白書」という結婚に関連する調査データを毎年発表しています。

そこから、女性の職業と成婚に関する非常に興味深いデータをご紹介し、成婚しやすい女性の職業を考えてみたいと思います。

IBJが提供する「結婚相談所」のサービスを利用すると、お見合い相手の紹介料、サポート月会費、成婚料の支払いがあることから、比較的婚活の中でも資本的に恵まれている方々の層が結婚されていると思います。

どちらかと言うと普通より経済的上位にある男女の結婚カップルになっていることが多いですね。

そのことから考えますと、中高年層は、「お金持ちの男性が、若くてかわいい女性と結婚するのだろう」とイメージしてしまう方が多いのではないでしょうか。

ところが、この白書の結果から「職業で見た女性の成婚のしやすさランキング」を見ると意外な結果になっています。

職業で見る女性の結婚しやすい職業のランキングは?

IBJに登録された会員様の職業での、結婚しやすいかどうかを判断する指標として、「(成婚者に占めるその職業の方の割合)/ (会員に占めるその職業の方の割合)を算出しています。

この指標が高いほど、成婚しやすい職業といえます。

100%になった場合、母集団の割合通り結婚割合なので、成婚しやすくもしにくくもない職業、となります。

100%を超えると、「%の低い他の職業と比べて成婚しやすい」と言えます。

それでは、IBJが発表した女性の職業別ランキングを確認しましょう。

□2020年における女性の女性の職業で見た成婚しやすさランキング結婚しやすさ120%以上

  • 1位 弁護士                  199.4%
  • 2位 国家公務員                141.5%
  • 3位 物流・運輸関連職             139.5%
  • 4位 看護師                  135.8%
  • 5位 販売・小売り・飲食店・サービス系職種   133.1%

□2022年における女性の職業で見た成婚しやすさランキング結婚しやすさ120%以上

  • 1位航空業界関連職               171.3%
  • 2位薬剤師                   171.3%
  • 3位歯科医師                  171.3%
  • 4位公認会計士                 158.1%
  • 5位税理士                   151.1%

結婚しやすい女性の特徴

上記の2020年2022年の結婚しやすい職業ランキングを見ての通り、2020年、圧倒的1位は「弁護士」、続いて「国家公務員」でした。

2022年は「航空業界関連」「薬剤師」「歯科医師」と続きます。

これらの職業を見ていると、資格を有している女性が上位にランクインしていると言えます。

上位にランクインした職業は、どれも母集団の占める割合の1.5倍程度かそれ以上の結婚のしやすさです。2020年の弁護士では、ほぼ2倍近い結婚しやすさということになります。

2020年の女性の弁護士が、成婚しやすさ指標199%であることについて、考えてみたいと思います。

200人の女性がいて、その内弁護士女性が20名いるとします。

成婚者が100人出たとすると、そのうち10人が女性弁護士だとするとその結果は、100%ということで普通の状態になります。

しかし、199%という数字から20人(19.9人)が成婚したということになります。

つまり、女性弁護士が結婚のお相手として人気の職業ということになりました。

2020年のランキング1位の女性弁護士を一例に挙げましたが、いずれも120%以上の成婚の職業のイメージが「しっかりとした職種」、「難関資格の士業の方々」ということで、何より「コミュニケーション能力に長けている女性」になります。

逆に、物言わぬおとなしそうな女性像からは、かけ離れているといっても過言ではありません。

結婚しにくい女性の特徴

それでは、反対に結婚しにくい女性はどういった職業なのかを見てみましょう。

2020年では、1位が「定年退職」、2022年は「家事手伝い」が、結婚しにくい職業の1位にランクインしています。

また学生やパート・アルバイトも10位以内に入って来ています。

あくまで、統計上のお話ですから、そういった職業の人の結婚は絶対無理ということでは決してありません。

結婚したい男性の目線では、「年齢が高すぎる、低すぎる」、「経済的に自立していない」といったことは、離婚を招きそうだとみられる傾向があるようです。

つまり、比較的経済的に余裕のある男性陣が多く登録している結婚相談所では、「若くて物言わぬかわいい女性を選ぼう」という結果になっていません。

言い方を変えれば、昨今の男性は、家事育児に専念してくれそうな女性より、むしろ社会経済的な立場にある女性を好むという傾向になっています。

年収の高い人と結婚を望むのであれば当社にご相談を

IBJが発表した2021年度版成婚白書の集計対象になりました成婚男性の平均年齢と年収は、平均年齢が39.6歳、平均年収が724万円になっています。

国税庁の「令和3年度分の民間給与実態調査」調査によりますと、30歳代後半の給与所得者の平均給与が533万円になります。

調査の結果から言えることは、年収の多い人と結婚したい人は、「IBJすなわち結婚相談所リボンマリアージュ青山で婚活をした方が良い」ということが言えます。

昭和の時代ですと、結婚したら寿退社が当たり前のライフデザインでした。

現代では専業主婦や収入は男性だけのものという時代ではなくなりましたね。

成功退会された皆さんを見ていますと、結婚しても共に働き価値観が違ってもお互いを認め合い、共感を持って生活や子育てをしていくことが大事になったと思います。

結婚をお考えの皆様は、様々なライフデザインをお考えのことと思います。

結婚相談所リボンマリアージュ青山は、「結婚をしたいけれども、今の職業は辞めたくない」という方々のご相談を承ってきました。

結婚しても仕事を続けたい女性の夢をかなえる結婚相談所、リボンマリアージュ青山にてご自身のライフデザインをご相談ください。

初回無料相談を受け付けております。

結婚の無料相談は、男性はこちらのページから、女性はこちらのページからご連絡ください。

benngoshiburogu.jpeg

caburogu.jpeg

PageTop